二の腕ブツブツを治す方法!皮膚科に行かないワタシ的改善策
二の腕ブツブツを解消!皮膚科に行かずに治す改善方法 > 商品 > 尿素で二の腕ブツブツが消える 角質除去の効果

尿素で二の腕ブツブツが消える 角質除去の効果

二の腕のブツブツの解消は、古い角質を除去することが一番です。
というのも、体内の老廃物がうまく体外に排出されないことで、毛穴に汚れがたまって、その部分が盛り上がって入る状態だからです。
角質除去の働きがある成分といえば尿素です。
尿素は、尿の中の窒素化合物が排出されたもので無臭で、本来の尿とは異質です。
よくハンドクリームなどにも配合されていて、保湿機能があるものとされています。
しかし、肌に付着している余分な角質を取り除く機能があり、これが二の腕ブツブツ改善効果があります。
尿素入りクリームで、硬いかかとも柔らかくなるとも言われています。
それほどの効果があると期待しても良いでしょう。
このかかと用は、頑固な硬い部分を取り去るだけの強い刺激のものであり、二の腕ブツブツの場合は、それ弱りも低刺激のものを使用するのがベストです。
かかと用で平均40%の尿素が配合しれていますが、二の腕ブツブツの場合は、10%前後のものが良いと言われています。
ただし、即効性はありません。
ある程度持続して塗り続けることが必要ですから、長期間使用できるものを選ぶようにしてください。
二の腕を出す夏の季節までに間に合うように計画的に尿素を塗る方は、寒い時期から開始されると良いでしょう。
ただし、絶大なる効果が必ず現れるということもありません。
長期間使用してみないとわからないことですが、本当に自分の肌に合うものを使用されることが大切です。

尿素について 刺激が強いと言われるけれど

二の腕ブツブツに治療として、皮膚科でもらう薬に尿素剤があります。
皮膚を柔らかくして、角質を取り除くものですが、最近ではその尿素を配合した市販薬も出ています。
良く知られている市販薬として、尿素の配合が違うものがあります。
多ければ良いというものではなく、やはりそれなりの刺激も存在します。
二の腕ブツブツの部分の皮ふ、その方の体質、体調、年齢等によって、尿素の配合の違いを使い分けることが必要です。
二の腕ブツブツは、早い方で小学生くらいでできる方もいます。
この場合、高い配合の尿素をつけることは危険とされています。
また、敏感肌の方も同じ事で、その二の腕ブツブツの上だけではなく、ほかの皮ふの部分に刺激として炎症が起こってしまうこともよくあります。
ですから、自分の皮ふの部分を確認して、尿素の配合の加減を見極めることも必要です。
良くあの薬を塗っても効果がなかったと言うかたもいらっしゃいます。
それは人それぞれの皮ふの状態と関係が深いですから、一概の効果の比較はできません。
ただ、尿素そのものは二の腕ブツブツに効果があることは確かなことです。
どうしても市販薬が不安な方は、やはり病院の処方する尿素剤を使用することをお勧めします。
そちらの方が、肌トラブルに合わずに、二の腕ブツブツを改善するのに短期間で終わらすことができます。
尿素は、皆が知っている尿とは違い、医学的にも素晴らし効果のある成分の一つです。