二の腕ブツブツを治す方法!皮膚科に行かないワタシ的改善策
二の腕ブツブツを解消!皮膚科に行かずに治す改善方法 > 商品 > AHA石鹸でピーリング体験!二の腕のブツブツなくします

AHA石鹸でピーリング体験!二の腕のブツブツなくします

3

お風呂上りにボディクリームやボディローションを付けていると、二の腕の外側にざらっとした感触を感じることはありますか?

冬場なら、「ただの乾燥かな」と普段より多めに保湿クリームを塗っておしまい。
気が付けば治ってるなんてこともあると思います。
でも腕を出す季節は、ちょっと気になりますよね。

しかもざらっとしているぐらいで終わるならまだいいですが、そのうち二の腕の広い範囲でニキビのようなブツブツに変化してしまうかもしれません。

ブツブツは治せるの?

これは「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」や「毛孔性角化症」と呼ばれ、主に毛穴の回りが炎症を起こしている状態の皮膚疾患になります。
原因は今のところ特定されていませんが、健康上の問題はないということで、医療機関では特にきちんとした治療はしないというのが現状です。

角質ケアと新陳代謝を高めるケアが大切

実際、ブツブツとはいえ、ニキビのように痕が残るかもしれないということもなく、自然と消滅することが多いこの症状。
だからと言って「なんだ。じゃあいいか、このままで。」なんて思うはずもなく、しっかりケアしたいですよね。

二の腕のブツブツを治すには、たまってしまった角質を除去し、肌の新陳代謝を高める必要があります。

ピーリングで肌の新陳代謝アップ

「ケミカルピーリング」は、アルファヒドロキシ酸(AHA)を肌に塗布し、古い角質層をはがすとともに、新陳代謝を高めてくれる美容法です。

AHA酸には、皮膚の上層部の角質層の結合力を弱める力があります。
つまり固まって硬くなってしまっている皮膚のブツブツの盛り上がった部分の力を弱め、自然に角質が剥がれる仕組みになっているということです。

ピーリングの注意点

ただし、酸の濃度によっては、痛みを伴ったり、肌に赤みが出ることもありますので、美容クリニックなどで十分に注意しながらの施術が必要となります。

しかしAHA酸は、フルーツ酸とも呼ばれ、植物由来の自然界で発生している酸ですので、本来、肌には優しく、細胞にとっては栄養源ともなります。

ピーリングにはAHA石鹸がおすすめ!

市販されているAHA石鹸は、角質層への強い影響はありませんが、乾燥肌の改善、新陳代謝の促進、新しい角質の再生などの作用が期待されますので、まずはピーリングの導入としては理想的です。
毎日使用しても大丈夫ですので、二の腕のブツブツを早く治して、気持ちよくタンクトップを着たいですね。

AHA石鹸の効果的な使い方

ちなみに、AHA石鹸の効果をより高める使用法としては、使用前に、毛穴をよく開いてあげることが良いようですよ。
シャワーよりも、一度湯船につかって身体を温めてあげた方がいいですね。

そして、ネットなどを使い、しっかり泡立ててから、パックのように泡を肌に載せ数分放置したあと、マッサージするような感覚で洗っていきます。

ビタミンC誘導体クリームで保湿しよう!

洗い上がり後は、ビタミンC誘導体を肌に用いることで、より新陳代謝を高めることができます。
AHA石鹸使用後は、肌も通常より敏感になって乾燥も進んでしまいますので、ビタミンC誘導体の含まれる保湿剤でたっぷりと保湿してあげることをおススメします。