二の腕ブツブツを治す方法!皮膚科に行かないワタシ的改善策
二の腕ブツブツを解消!皮膚科に行かずに治す改善方法 > 治し方 > 二の腕のブツブツを今年こそ治す!今すぐ実践したい3つの方法

二の腕のブツブツを今年こそ治す!今すぐ実践したい3つの方法

二の腕のブツブツに悩んでいる女性はたくさんいます。
毎年、露出の多い服を着る季節になると腕を出すのが憂鬱に…。

でも、今年こそは気兼ねなく腕を出したい!あの袖なしのワンピを着たい!そんな人のために、今回は二の腕のブツブツへの対抗手段をまとめてみました。

二の腕のブツブツの基礎知識

ではまず、対抗手段の前に基本的なことを知っておきましょう。
二の腕のブツブツは皮膚疾患の一種で、正確には「毛孔性苔癬」(もうこうせいたいせん)や「毛孔角化症」(もうこうかくかしょう)という病名がついています。
病名にすると、なんだか大げさですが非常にポピュラーな疾患です。10代の女性に多くみられ、なんと2人に1人の割合で発症するそう。それから徐々に症状は改善され、30代から40代になるころには自然に治癒していく例が多いようです。

自覚症状はほとんどなく、痛みやかゆみもほとんどありません。とはいえ、色素沈着を起こして跡に残ってしまうケースもあるので早めに治しておきたい疾患といえます。

毛穴に角質や皮脂が詰まって盛り上がり、ブツブツができてしまうのでニキビとメカニズムがよく似ています。ところがニキビとは別物ですので、ニキビ用の塗り薬などを使っても症状は改善されません。
はっきりとした原因は解明されていないのが現状ですが、遺伝的な要素が大きいのでは?という見解のようです。アトピー性皮膚炎や敏感肌の人も非常にかかりやすいようです。

1・スキンケアで治す

二の腕のブツブツへ対抗する第1歩は、角質の除去です。毛穴に詰まっている角質や皮脂を取り除かなければ、ブツブツはなくなりません。
とはいえ、毛穴が詰まりやすい状態ではすぐにまたブツブツができてしまいます。毛穴が詰まらない肌作りをしましょう。

毛穴周辺の皮膚が固くなり、盛り上がることで毛穴が塞がれてしまって「毛穴詰まり」が起きてしまいます。
こういった症状には肌のターンオーバーが大きく関わっています。ターンオーバーが正常に行われていない肌は、新しい皮膚へとうまくチェンジできずに固くなってしまうからです。
「ターンオーバーを正常にすること」そして「固くなった角質をやわらかくして詰まりを取り除く」スキンケアを心がけましょう。

スキンケアで1番重要視して欲しいのは「保湿」です。乾燥は毛穴を詰まらせやすくしてしまいます。皮膚表面だけでなく、肌の深部までの保湿が大切です。しっかりと保湿されている肌は柔らかくなっていきます。

尿素を利用する人が多いけど…

「尿素」ときくと、ハンドクリームを思い浮かべますね。実はこの尿素、保湿機能もさることながら角質を取り除く作用もあり、まさにブツブツに対抗するにはもってこいの成分なんです。
ただし、尿素入りならなんでもいいというわけではありません。かかとやひざ用のクリームの尿素配合率はとても高いのですが、高すぎると二の腕のようなデリケートな部分には刺激が強すぎてしまいます。
尿素配合のものを使うなら、低濃度のものを使いましょう。

保湿成分をしっかりと

保湿成分といえば「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」が有名ですね。これら全部を取り入れる必要はありませんが、なるべくこういった保湿成分を取り入れることが大切です。
中でも、オススメしたいのは「ビタミンE」です。保湿成分ではありませんが、肌のターンオーバーを整えたり肌に栄養分を送ったりといった作用があります。肌のブツブツ改善にとっても効果的な成分といえます。

2・漢方で治す

「漢方」ときくと少し敷居が高い気がするかもしれませんが、そんなことはありません。
わざわざ漢方薬局に行かなくても、ドラッグストアで手に入るものもありますし、最近では漢方が配合されている化粧水も増えてきました。

たとえば二の腕のブツブツに効果的なのは「ヨクイニン」という漢方薬です。聞いたことがないかもしれませんが、ヨクイニンって「ハトムギ」から作られているんです。
ハトムギなら皆さんも聞いたことがありますよね?お茶としても売られています。
ハトムギはその栄養価もさることながら、新陳代謝を促す力がものすごいんです!このハトムギの実から採取してつくられるヨクイニンは、漢方薬として古くからイボ取りに活用されてきました。そう!イボも取れてしまうほど新陳代謝力を上げることができるんです!二の腕のブツブツにだって効果的なはず。

外側からだけでなく、内側からの作用で二の腕のブツブツに対抗してみましょう。
ヨクイニンエキスが配合されている市販薬はドラッグストアにも並んでいます。他にもハトムギ茶を飲んでみたり、お米と一緒に炊けるハトムギを利用してみたりと続けやすい方法で試してみてください。
ちなみに「爽健美茶」などハトムギが入っている飲料もあるので、ペットボトルを買うときに意識してみるといいかもしれませんね。

3・ホームピーリングで治す

ピーリングといえば、エステや美容外科で用いられる肌トラブルへの代表的な施術ですね。角質や老廃物を溶かして、一気に皮膚再生を促す方法です。即効性もあり、二の腕のブツブツへの施術も行われています。
とはいえ、エステや美容外科に通院するにはコストがかかりすぎる!という人にはホームピーリングという手があります。

ピーリングには「サリチル酸」や「アルファヒドロキシン酸」といった薬剤を使うのですが、これらが配合されているクリームはドラッグストアでも入手できます。
もちろんエステなどで使われているものより濃度が低いので、即効性では敵いませんが自宅でできるしローコストが魅力!

セルフでピーリングを行うときには長く放置しすぎない(長く放置したほうが効果が早いと思い込まない)などの基本的なルールを守ること。
そして、ピーリング後の保湿をしっかりとすること!しつこいようですが、保湿が大事です!ピーリングの後に肌を乾燥させないようにしましょう。

今年こそツルツルの二の腕

二の腕のブツブツを治す方法、3つほどご紹介しましたがいかがでしたか?
自覚症状はないからと、放っておいた人も多いかもしれませんが頑張れば自分でも治せる疾患です。なにより、腕を露出できないのって洋服を選ぶときに制限されてしまってつまらないですよね。

今回ご紹介したのは今すぐ実践できる簡単なものばかりです。今年は気兼ねなく好きな服を着れるように、今から頑張りましょう!