二の腕ブツブツを治す方法!皮膚科に行かないワタシ的改善策
二の腕ブツブツを解消!皮膚科に行かずに治す改善方法 > 二の腕ブツブツの原因 > 二の腕のブツブツの原因は肥満以外にも!? 気になる原因を解説!

二の腕のブツブツの原因は肥満以外にも!? 気になる原因を解説!

「二の腕のブツブツが気になって半袖が着られない」「背中の方まで広がっていて恥ずかしい……」

そんな困った二の腕のブツブツに悩んでいる人は多いです。

その気になるブツブツ、痛みやかゆみはありますか?

ないとなれば、それは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる皮膚疾患の可能性が高いです。

そこで今回は、毛孔性苔癬の原因を徹底解説します!

その原因には、生活習慣が大きく関係するものもあります。

ぜひこの記事を参考にして、できるところから改善していきましょう!

二の腕のブツブツの原因ってなに?

毛孔性苔癬のそもそもの原因は、毛穴に詰まった角栓です。

角栓とは、毛穴に詰まった皮脂や角質のこと。

詰まりの原因は、肌のターンオーバー(表皮の新陳代謝)が遅れて、古い角質が毛穴に停滞してしまうことです。

毛穴に詰まりが発生すると、毛穴の内部に溜まった老廃物が盛り上がり、結果的に肌にブツブツができてしまうのです。

では、なぜこういった詰まりの現象が起きてしまうのでしょうか?

その原因について、これから順番にご紹介していきます。

原因1. 肥満・両親の遺伝

毛孔性苔癬は、肥満の人に多い傾向があると言われています。

その理由は、太り気味の人は、新陳代謝が悪いから。

代謝が悪いと、肌のターンオーバーが乱れ、上手に肌細胞の生まれ変わりができなくなります。

その結果、毛穴に老廃物が詰まり、肌にブツブツができるのです。

また、毛孔性苔癬は両親の遺伝が大きく関わっています。

父親か母親のどちらかがこの症状を持っていた場合、その子供に遺伝する確率が高いです。

その一方で、毛孔性苔癬は大人になると消えるものなので、親に確認する際は、「“若い頃”にそういったブツブツの症状があったかどうか」を聞いてみてください。

原因2. ビタミンAの不足

毛孔性苔癬の原因の1つに、ビタミンAの不足も挙げられます。

ビタミンAには、以下のような役割があります。

● 皮膚を健康に保つ
● 粘膜の免疫力を高める
● 新陳代謝を促進する

こうした役割を持ったビタミンAが不足すると、肌に悪影響が出て、二の腕のブツブツの原因となります。

しかし、ビタミンAは、毎日の食事の中で簡単に摂り入れることが可能です。

ビタミンAが含まれる食品は以下のようなものがあるので、参考にしてみてください。

【肉類】レバー
【魚介類】うなぎ
【野菜類】モロヘイヤ、にんじん、ほうれん草
【その他】バター、卵

普段の生活の中でも、栄養バランスを意識して食事をするようにしましょう。

原因3. ホルモンバランスの乱れ

肌は、ストレスの影響を大きく受けやすい部分です。

ストレスによるホルモンバランスの乱れも、毛孔性苔癬の原因とされています。

妊娠や出産をきっかけに、毛孔性苔癬を発症することもあるようです。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が過剰になります。

皮脂が多く分泌されると、毛穴の詰まりの原因になり、ブツブツができてしまいます。

ストレスなく生活するのはなかなか難しいことですが、自分なりのリフレッシュ方法を見つけることは、健康に暮らすためにも重要なことですね。

原因4. 肝機能の低下

アルコールや添加物食品を頻繁に摂取することも、毛孔性苔癬の原因であると考えられています。

それらを摂りすぎると、解毒作用のある肝臓機能が低下し、大量の活性酸素が発生します。

活性酸素は体内の中性脂肪や皮脂を酸化させ、血流の悪化の原因になります。

血流が悪くなると、皮膚に十分な栄養が届かなくなり、ターンオーバーが正常に働かなくなります。

健康のためにも、お酒の飲みすぎや、インスタント食品などの食事はほどほどにしましょう。

子供の頃に発症して、大人になると消える?

毛孔性苔癬は、多くの人が思春期頃に発症します。

しかし、早い人だと小学生くらいの子供のうちから発症するようです。

それを裏付けるように、小学校高学年の約20%が罹患しているというデータもあります。

しかし、30代になれば、自然と消えていくのが毛孔性苔癬の大きな特徴。

特に何もしなくても、20代から年齢を重ねるにつれて、徐々に軽減していきます。

とはいえ、一番外見を気にする若い頃をピークに発症するというのは、かなりの厄介者ですよね。

遺伝が関係しているということもあって、実際に若い頃に毛孔性苔癬を発症したことのある親が、子供の将来を心配することも少なくないようです。

また、女性に多い症状と言われていますが、男性にも珍しくない症状です。

毛孔性苔癬は齢を重ねれば軽減されるものですが、気になる人は、クリームなどを使ってケアをしましょう!

心当たりのある人は、今日から生活改善を!

毛孔性苔癬の原因は、体質や遺伝といった先天性のものもありますが、ビタミンAの不足や肝機能低下など、後天性のものもあります。

後天性の原因については、今から生活習慣を変えるだけで症状を緩和させることができます。

例えば、「肉だけでなく野菜を意識して食べる」「お酒を飲む頻度を減らす」「インスタント食品を控える」など、自分ができることから始めていきましょう。

このような生活習慣の改善は、二の腕のブツブツだけでなく、生活習慣病など、他の病気の予防にもなります。

以上の4つの原因に心当たりのある人は、これを機に、自分の生活習慣について見直してみてください。